スタッフブログ

Staff Blog

ウォークインクローゼット内でのカビにお悩みの方へ!対策方法をご紹介!

2021年11月16日

「マイホームを検討しているが、知識が無くて困っている。」
「ウォークインクローゼット内のカビに悩んでいるので、対策方法を知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、ウォークインクローゼットにカビが生えやすい理由と対策についてご紹介します。
お客様の悩み解決に役立ててください。

□ウォークインクローゼットにカビが生えやすい理由を紹介します!

大きく2つの理由を紹介します。
1つ目は、衣類の繊維が、湿気を吸い込む特性を持っているため、クローゼット内部の湿気が溜まりやすい環境になっているからです。
衣類には、汗をかいた際、その水分を吸収する機能があります。

クローゼット内にはこの機能を持つ衣類が大量に収納されているため、常時湿気をため込みやすい状態になっているのです。
乾いていると思っても、衣類によっては水分が残っている場合もあるので注意してください。

2つ目は、クローゼット内の空気の出入りが無く、空気がよどむためです。
湿気の多い空気が外部に出ればよいのですが、クローゼット内は空気の出入りがほとんどありません。
湿気が溜まり続けるために、その環境を好むカビが生えてしまいます。

□ウォークインクローゼット内部でのカビ対策を紹介します!

大きく2つの対策方法を紹介します。
1つ目は、クローゼットの扉を開けて喚起を行うことです。
1日に1度喚起するだけでも大きく変わります。

通気性を良くすることで、湿気を取り除けるほか、内部に溜まる臭いも問題も解決できます。
溜まったホコリからカビが生える場合もあるので、定期的に掃除することを心掛けてください。

2つ目は、クローゼット内部に除湿剤を置くことです。
何回も喚起を行う余裕のない方にとってはかなりおすすめの方法です。
内部の湿気は下の方に溜まりがちです。
従って、クローゼット奥の四隅に置くことをおすすめします。

パッケージに置く個数の目安が書かれているので、クローゼットの大きさに合わせて調節してください。
除湿剤は定期的に交換しなければ効果が薄れていくため、よく見える位置に交換期限を書いて忘れないようにしましょう。

□まとめ

ここまで、ウォークインクローゼット内のカビにお悩みの方に向けて、カビが生えやすい理由と対策方法についてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
クローゼット内は本当に湿気が多いです。
定期的に喚起を行い、通気性の良い状況を維持できるよう努めましょう。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact