スタッフブログ

Staff Blog

シューズクロークにお悩みの方へ!失敗例と注意すべきポイントを解説します!

2021年11月20日

「マイホームを検討しているが、知識が無くて困っている。」
「シューズクロークに悩んでいるので、注意すべきポイントを知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、シューズクロークでの失敗例と意識すべきポイントについてご紹介します。
お客様の悩み解決に役立ててください。

□玄関シューズクロークでの失敗例を解説します!

大きく2つの例を紹介します。
1つ目は、家族動線が来客動線に比べて長すぎる場合です。
ここでの家族動線とは、ウォークスルータイプのシューズクロークを作成した際の家族用の玄関からの動線を指し、来客動線とは来客用玄関からの動線を指します。

家族動線が長くなると、シューズクロークを使用する頻度が徐々に減り、やがては使わなくなる可能性があります。
あくまでも家での主役は自分達家族であり、来客は脇役であることを忘れないようにしましょう。

2つ目は、シューズクロークに収納できる物の量が少ない場合です。
シューズクロークにはいろんなサイズの物を収納できますが、計画なく棚を設置すると使い難くなってしまいます。
使いにくいために物が散らかると、シューズクロークの役割を果たさなくなります。
そのようにならないためにも、設計時には収納計画をしっかり立てるようにしましょう。

□シューズクロークで失敗しないためのポイントを紹介します!

大きさと配置の2つのポイントについて紹介します。
まず大きさに関して、シューズクロークの通路の広さを意識するようにしましょう。

あまりにも幅が狭いと、奥に物をしまったり出したりするのが大変です。
最悪の場合、シューズクロークの奥が物置のようになるという状態にもなりかねません。
使いやすさを考えて広めに取ることを意識してください。

次に位置に関して、基本的には目に付かない所に作るのが無難です。
しかし、どうしても目立つ場所に作らざるを得ないという場合もあるかと思います。
そのような場合は、シューズクロークに扉を作り、中が見えないように工夫しましょう。
その空間に馴染むよう設計することが大切です。

□まとめ

ここまで、マイホームのシューズクロークにお悩みの方に向けて、シューズクロークでの失敗例と意識すべきポイントについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
自宅での主役は自分達であるということを忘れずに、家族の使いやすさを優先してシューズクロークを作るようにしてください。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact