スタッフブログ

Staff Blog

マイホームの購入をお考えの方へ!おすすめの購入年齢を紹介します!

2021年11月24日

「マイホームを検討しているが、知識が無くて困っている」
「家を建てる人の年齢の目安を知りたい」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、家を建てる人の平均年齢と、若い内に家を購入するメリットについてご紹介します。

お客様の悩み解決に役立ててください。

□家を建てる人の平均年齢を紹介します!

国土交通省の発表によると、30歳代の方が最も多いという結果になっています。
注文住宅に限定すると、その平均年齢は39.5歳です。

30歳代が多い理由としては大きく2つの要因が挙げられます。
1つ目は、一般的な住宅ローンの完済年齢が75から80歳までと決められているからです。
余裕を持ってローン計画を考えると、30歳代でローンを組むことが理想となることから、この時期に家を建てようとする方が多いと考えられています。

2つ目は、子供ができて家の購入を検討する方が多いからです。
平成29年度に発表された住宅市場動向調査報告書によると、注文住宅の平均居住人数は3.5人となっています。
高齢者が住んでいない世帯の割合が60パーセント近くあることから、子供のいる世帯が戸建住宅には多いと推測されています。
この結果から、ローンの返済に加えて子供の存在も家を持つ契機になることが考えられます。

□若い内に家を購入するメリットを紹介します!

家を購入する平均年齢が30歳代という結果を見て、かなり若いと思った方もいらっしゃると思います。
実は、若い内に家を購入することで大きなメリットがあるのです。
今回は住宅ローンを完遂できる点以外のメリットを紹介します。

家を早期の内に買った方がお得になるという場合があります。
皆さん結婚すると、夫婦共に同じ物件で暮らすことになります。
大抵の場合、特に都会にお住まいの方は賃貸物件を借りる場合がほとんどだと思うので、家賃を毎月支払う必要が出てきます。

将来的に家を買う予定の方は、この家賃が勿体ないと思う場合もあるのではないでしょうか。
大家さんに支払っているこの家賃分を住宅ローンの返済に回せば、完済時期を早めることができるのです。

□まとめ

ここまで、家を建てる年齢の目安が気になっている方に向けて、家を建てる人の平均年齢と、若い内に家を購入するメリットについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
若い内に家を建てるとそれ相応のメリットがあります。
家庭の事情にも寄りますが、この機会にぜひ一度ご検討ください。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact