スタッフブログ

Staff Blog

住宅選びにお悩みの方へ!日当たりの悪い家を選ぶと後悔する理由を紹介します!

2021年10月31日

「住宅づくりを検討しているが、知識が無くて困っている」
「住宅の日当たりに悩んでいるので、失敗しないポイントを知りたい」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、日当たりの悪い家を避ける理由と押さえるべきポイントについてご紹介します。

お客様の悩み解決に役立ててください。

□日当たりの悪い家を避けるべき理由を紹介します!

大きく3つの理由を紹介します。
1つ目は、日光が家の中に届かなくなるため、精神面に悪影響をもたらす可能性があるからです。
日中働いている際に息苦しさを感じたり、目覚めの良い朝を過ごせなかったりと、日光を浴びないまま生活を続けると体内時計が狂い、体が変調を起こします。
この症状は人によって様々であるため絶対とは言い切れませんが、実体験として感じている方が多いです。

2つ目は、洗濯物が中々乾かないからです。
日当たりが悪いと、常に洗濯物が日陰干し状態になってしまします。
日陰で干すと乾きにくい他、虫が寄ってきやすくなったり、部屋干し臭くなったりと、様々な問題が発生します。

3つ目は、カビや苔が発生しやすくなるからです。
湿気が高くなるため、室内であればカビが、庭には苔が発生します。
綺麗な庭が緑に変色したり、水が腐ったような臭いが生じたりするので、窓を開けられなくなります。

□住宅の日当たりで失敗しないためのポイントを解説します!

大きく2つのポイントを解説します。
1つ目は、住宅を考える際に、高い建物が建っていない地域を選ぶことです。
高い建物があると、太陽が建物の陰に隠れてしまうため、日影が多くなってしまいます。

現在は高い建物が無い地域でも、周辺に古い建物や空き地があると、将来高層マンションのような高い建物が建つ場合があるので注意しましょう。
このような場合は、住宅を建てる際、役所で周辺地域の建築計画を確認することが大切です。

2つ目は、朝昼夕方の日当たりを全て確認することです。
日当たりは、時間や季節によって大きく変化します。
1度だけ下見に行くのではなく、最低でも3回は確認しに行ってください。

□まとめ

ここまで、住宅の日当たりに悩んでいる方に向けて、日当たりの悪い家を避ける理由と押さえるべきポイントについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
日当たりが悪いと、人体にも、住宅にも悪影響が出てくる可能性があります。
住宅を検討する際はしっかりと日当たりの良さを確認しましょう。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact