スタッフブログ

Staff Blog

吹き抜けの家を検討している方へ!リビングを吹き抜けにするメリットを紹介します!

2022年03月15日

新築のデザインアイデアをインターネットで検索してみると、「吹き抜け」という言葉を目にすると思います。
吹き抜けを作るだけで部屋に開放感を加えられます。
そこで、今回の記事では、吹き抜けを作るメリットと注意点をご紹介します。
吹き抜けを作るか考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

□吹き抜けを作るメリットとは?

1つ目は、開放感のある部屋になることです。
天井が高くなり部屋に開放感が出ます。
この開放感が吹き抜けを作る最大のメリットと言えるでしょう。

2階の天井まで見渡せる視線の抜けがあることにより、部屋全体の実際の広さよりも広く感じます。
都市部の敷地が大きくとれない家にもおすすめです。

2つ目は、室内が明るくなることです。
2階からの明りが1階にも降り注ぎ、家全体が明るくなります。
また、1階の窓では光が届かなかった場所にも光が届くようになります。

3つ目は、家族の気配を感じやすくなることです。
1階と2階の区切りがなくなることにより家が連続した空間になります。
空間全体に緩やかな繋がりを持たせることが出来るので、どこにいても家族の気配を感じられます。

5つ目は、家がおしゃれになることです。
吹き抜けをつくることにより、家がおしゃれになります。
おしゃれな家にしたい方は、吹き抜けを検討してみてはいかがでしょうか。

□吹き抜けを作る時の注意点とは?

1つ目は、吹き抜けを作る目的を明らかにすることです。
第1章でご紹介したメリットのどれを目的にして吹き抜けを作りたいのかを明確にしましょう。
何を目的にするかによって吹き抜けをどう作るのかが決まります。

2つ目は、断熱性、気密性を高めることです。
吹き抜けを作ると縦空間がどうしても広くなります。
そのため、冷暖房効率が悪くなるデメリットがあります。

しかし、このようなデメリットも断熱性、気密性を高めることにより対策可能です。
また、吹き抜け上部にエアコン、シーリングファンを設置して上部に空気がたまらない工夫を施すのもおすすめです。

3つ目は、スキップフロアで空間を広げることです。
吹き抜けを作ると2階部分の床面積が狭くなってしまいます。
そのため、スキップフロアを作り空間を広く使えるようにしましょう。
スキップフロアは空間を広く使えるだけでなく、家族と円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

□まとめ

今回は、吹き抜けのメリットと注意点をご紹介しました。
吹き抜けはデザイン性が高いだけでなく、機能面のメリットもあります。
デメリット部分を対策することで、より快適に過ごせるでしょう。
マイホームづくりでお困りの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact