スタッフブログ

Staff Blog

家づくりをする最適なタイミングとは?資金計画のポイントもご紹介!

2021年10月01日

「家づくりをしたいが、いつ建てるのが良いのだろう」
このように家づくりをお考えの方で、建てるタイミングで悩まれる方は多いです。
家は人生において高額な買い物の一つであるため慎重に建てるタイミングを検討する必要があります。
そこで今回は、家を建てるタイミングと資金計画のポイントについて解説します。

□家を建てるタイミングとは?

ここでは、家を建てるタイミングを年齢・年収の観点と、ライフステージの観点から解説します。

*年齢・年収の観点に基づく家を建てるタイミングについて

国土交通省による「令和元年度住宅市場動向調査」によると、家を建てた人の平均年齢は38.6歳です。
数年前の推移と比較して、平均年齢は30代後半に推移しました。
30代が1番多いという調査結果になっています。

また、家を建てた際の世帯収入に関しては、同調査で平均731万円という結果が報告されています。
住宅ローンは適度な借入額が年収の5から7倍、返済額は年収の20から25パーセント程度と言われています。
家の値段を考慮して家を建てるタイミングを考えましょう。

*ライフステージの観点に基づくタイミングについて

人生における重大なライフイベントをきっかけに家を建てる家庭も多いです。
例えば、結婚を機に新生活に向けて家を建てることはよくあります。
夫婦共働きの家庭であれば、共有名義でローンを組むことで若い夫婦でも家を建てられる場合があります。

また、出産や子どもの進学をきっかけに家を建てるケースもあります。
子どもの教育に適した環境を整えられるでしょう。

□家づくりの資金計画のポイントを解説します!

家づくりは思いがけない費用がかかる場合があるため、先を見越した無理のない資金計画を立てる必要があります。
ここでは、資金計画のポイントを2つ解説します。

まず1つ目は、希望の家の費用を把握することです。
家づくりは、土地や家の建築費に加え、新調する家具、引越し代など様々な費用がかかります。
それゆえ、予算オーバーしないように事前にどれくらいの費用がかかるのか確認しましょう。
その際には、余裕を持って資金計画しましょう。

2つ目は、自己資金を把握することです。
手持ちの資金と相談しながら、本体価格や諸費用を計算した総額の目安、頭金を用意していくら住宅ローンに回すかなど、大まかな目安を考えましょう。

□まとめ

今回は、家を建てるタイミングと家づくりをする際の資金計画のポイントを解説しました。
家づくりは年齢・年収や、ライフステージを考慮して建てるタイミングを決めましょう。
また、家づくりの資金計画のポイントを意識しましょう。
家づくりをお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact