スタッフブログ

Staff Blog

新築のキッチンづくりにお悩みの方へ!失敗しないためのポイントを解説します!

2021年11月08日

「マイホームを検討しているが、知識が無くて困っている。」
「マイホームのキッチンに失敗したくないので、意識するポイントを知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、キッチンづくりの失敗例と注意すべきポイントについてご紹介します。

お客様の悩み解決に役立ててください。

□キッチンの失敗事例を紹介します!

大きく2つの失敗例を紹介します。
1つ目は、キッチンが狭いために作業がし難くなることです。
自分一人の動きやすさを考えて広さを決める場合が多いですが、これは良くない決め方です。

キッチンは自分一人が作業をする場所ではありません。
子供を初めとした家族と一緒に調理をする機会も多くあるはずです。
1人のスペースしか確保されていないと、複数人で作業をする場合不自由さを感じてしまいます。
また、調理に使用する家電や家具を配置したら想定していたよりも狭くなったと感じる失敗例も多いです。

2つ目は、使用しない設備を付け過ぎたことが、返ってストレスになることです。
キッチン設備には、床下収納やパントリー、食洗器など魅力的なものが沢山あります。
しかし、使わない設備を沢山付けてしまうと、清掃時に負担が増えたり、システムに慣れない方は扱い方が難しくなったりとマイナスな効果が出てきます。
事前に使いそうか否かしっかりと計画を立てて設備を付けるようにしましょう。

□新築のキッチンで失敗しないためのポイントを紹介します!

大きく2つのポイントを紹介します。
1つ目は、十分な収納を確保することです。

箸のような小物から、鍋といった大きな物まで、調理には様々な種類やサイズの道具を使用します。
十分な収納が無ければこれらの器具を片付けられないため、快適なキッチンを実現できません。
シンクの下だけでは足りないという方は、吊戸棚やカップボードを上手く使ってみてください。

2つ目は、コンセントの位置や数に注意することです。
数が少なすぎたり、欲しい位置に全くコンセントが無かったりすると、非常に不便でストレスが溜まります。
冷蔵庫を始め、必ず設置する家電に合わせてコンセントの配置を考えることも大事ですが、いざという時に足りないことがないよう、余裕を持たせて作ることをおすすめします。

□まとめ

ここまで、マイホームのキッチンづくりにお悩みの方に向けて、キッチンづくりの失敗例と注意すべきポイントについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
キッチンは広さや収納、配置によって使い心地の良さが大きく変わります。
使用している絵を浮かべながらキッチンの設計を行いましょう。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact