スタッフブログ

Staff Blog

注文住宅をお考えの方へ!やっておいてよかったことを紹介します!

2022年03月11日

「家づくりを検討しているが、何から始めれば良いか分からない」
このような悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。
そこで今回の記事では、家づくりの時にやってよかったという声が多かった事例について解説します。
お客様のお悩み解決に役立ててみてくださいね。

□家づくりでやってよかったと感じた事例をご紹介します!

1つ目は、コンセントを腰の高さにつくることです。
一般的に、コンセントは低い位置にあることが多いため、なぜ腰の高さにつくる必要があるのかと疑問に思われる方が多いのではないでしょうか。
しかし、最近ではノートパソコンやスマートフォンなどを、椅子に座って使用する機会が増えていますよね。

従って、コンセントが床付近にあると、わざわざかがんでコンセントを探さなければなりません。
腰の高さにコンセントがあれば、姿勢を崩すことなくコンセントを使用できるのです。
設置しすぎると部屋の見た目が悪くなる場合があるので、必要な箇所に数個設置することをおすすめします。

2つ目は、庭をつくることです。
手入れが大変だと思われる方がいるかもしれませんが、庭には大きなメリットがあります。
子供のいるご家庭であれば子供の遊び場を確保でき、ふとした時に外を眺めれば、気持ちを落ち着かせられるといった心理的効果も期待できます。

□家づくりでやっておけばよかったと感じた事例を紹介します。

1つ目は、ライトの光を調節できるように設計しておけばよかったという事例です。
落ち着いて仕事をしたい時や、物事について深く考えたい時は、暗めのライトの方が適しています。
時と場に応じて、明るさやライトの色を調整できると非常に便利です。
家づくりでは間取りや費用に気を取られがちですが、ライトなどの細かい機能にもこだわっておくと良いでしょう。

2つ目は、収納の量と場所をもっと正確に考えておけば良かったという事例です。
物を収納する時になって収納量と収納の広さが合っていないという事態に直面すると、非常にストレスですよね。
持ち物の総量は、現在持っている物だけでなく、将来購入して増える分も考慮しておきましょう。

□まとめ

今回は、家づくりの時にやってよかったと感じた事例また、やらなくて後悔した事例について紹介してきました。
1度家が完成してしまうと、後々設備を変更することは困難です。
予めすべきことのリストを定めたうえで家づくりに取り掛かりましょう。
家づくりでご不明な点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact