スタッフブログ

Staff Blog

自宅を検討している方へ!暖かい家にするにはどうすべきか紹介します!

2022年02月08日

「暖かい家にするにはどうすべきか分からないので、間取りのコツについて知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
近年は厳冬化が進んでいるため、家づくりの段階で寒さ対策をしたいですよね。
そんな皆様に向けて、暖かい家を実現するポイントと間取りのコツを紹介します。
ぜひお役立ててください。

□暖かい家を実現するポイントとは

大きく3つのポイントを紹介します。

1つ目は、家の断熱性能を高めることです。
断熱塗料や断熱材を使用すれば、家の断熱性能を高められます。
住宅の断熱性能が低いと、暖房で室内温度を高めても、暖気が外に逃げてしまいます。

冬場に、床の冷たさに思わず震えてしまう経験をした方がいるのではないでしょうか。
この問題は、家の断熱性能を高めることで解消できます。

2つ目は、カーテンを工夫することです。
長め・厚めのカーテンを設置するだけで、かなりの効果を期待できます。
裏地が付いているものもおすすめです。

3つ目は、窓を二重にすることです。
二重窓を使用すれば、外気による影響を受けにくくなります。
外からの寒気を防げることに加えて、結露も防げます。

□暖かい家を実現するための間取りのコツとは

大きく2つのコツを紹介します。

1つ目は、長く過ごす部屋の配置を工夫することです。
リビングやダイニングで時間を過ごす方が多いのではないでしょうか。
これらの部屋に太陽光を上手く取り込めれば、日中暖かく過ごせます。
部屋を南側に配置すれば、冬場に暖房が無くても暖かく過ごせる日が増えるでしょう。

これ対して、冬場は良いけれども、夏場は地獄の様に暑くなるのではないかとお考えの方もいると思います。
軒を深くすれば、夏場は涼しく生活できるので、一年を通して快適に暮らせます。

2つ目は、上手く空気を循環させる仕組みを取り入れることです。
皆さん、暖房をつけているのに、足元が一向に温まらないと感じた経験はないでしょうか。
実は、暖かい空気は部屋の上側に、冷たい空気は部屋の下側に溜まりやすくなっています。
部屋の空気を上手く循環させられれば、部屋全体を暖められます。シーリングファンやサーキュレーターを設置して温度の調整を行いましょう。

□まとめ

ここまで、暖かい家を実現したい方に向けて、暖かい家を実現するポイントと間取りのコツについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
冷暖房を駆使して人工的に温度を高めることも可能ですが、採光を上手く活用すれば、家を暖かく保てます。
是非、実践してみて下さい。

イベント・見学会
0120-39-8446
Contact